腎不全治療の際の人権問題

腎不全は腎臓の働く機能が半分くらいまで落ち込んでしまうと、病院で治療を行っても元に戻すのは難しくひどくならないように現状維持をするのが精いっぱいになってしまいます。
さらに症状が重くなると腎臓が全くはらかなくなってしまうので、人工透析をおこなって血液をろ過していく必要があります。
人工透析は定期的に行う必要がありさらには時間もかかるので、仕事によっては続けることが難しくなるなど人権的な問題にも発展する可能性があります。

腎不全治療の時に気をつけるポイント

腎不全の治療の時に気を付けるポイントは、食事の内容です。
投薬による治療も重要ですが、薬での症状の改善や維持にも限界があります。
腎臓は血液をきれいにする役割があり、不要なものを尿として排出するための重要な部分です。
この血液をろ過する機能が低下してしまうので、日ごろから負担をかけないように食事の内容には特に気を付けていかなければなりません。
症状によって食事制限など、栄養に関する制限が増えてくるのですが、初期の場合はたんぱく質や塩分を減らして腎臓の負担を減らしていきます。
症状によってはカリウムを制限したり、水分の取りすぎにも気を使う必要が出てくることもあります。
腎不全の治療をするときは医師の指示に従うのと同時に、栄養士からのアドバイスをしっかりと守るようにしていくことが大切です。
症状がひどくなると好きなものが食べられなくなるなど、非常に大変なので、できる限り初期の段階から気をつけていきましょう。

人権問題になるのはどんなタイミング?

食事制限や投薬による治療ですんでいるうちは、大変ですけれど日常的な活動は普通の人と同じようにできます。
しかし腎不全の症状が悪化してしまい、血液をろ過するために人工透析治療を受ける必要が出てきます。
そうなってしまうと日常生活でもいろいろと制限されてしまいます。
まず必ず病院に通院して数時間かかる人工透析を定期的に受けなけならなくなります。
その為に仕事を休んだり早退しなければならなくなるかもしれません。
会社としても病気なので最大限融通してくれるとは思いますが、腎不全での人工透析は一生付き合っていかなければならないので、仕事内容によっては続けていくことが難しくなってしまうことも考えられます。
働く権利はあるわけですが、働けない状態になるので一種の人権問題といってもいいかもしれません。
腎不全を診てくれる病院の中には夜間に人工透析ができるところもありますが、自由を制限されたしまうのは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です